学校法人 松山聖陵学園

建築科_過年度の取組成果


平成25年度の取組成果

 

3学期

みんな頑張った!
平成25年度 第36回愛媛県内高校生建築競技設計者表彰


日時 平成26年2月21日(金)午後2時~
場所 ダイキ本社 8階 イベントホール
2月6日 愛媛県建築士事務所協会より、平成25年度第36回愛媛県内高校生建築競技設計の各入賞者の発表がありました。
本年度も、19名の生徒諸君が入賞し本校建築科の存在を愛媛県下にアピールすることが出来たのではないかと思います。入賞者の内訳は、3年生6名、2年生7名、1年生は6名という結果になりました。本年度の傾向は、1年生の入賞者が大変多かったことが挙げられます。クラス17名の生徒全員が取り組み、12月上旬からほぼ毎日放課後は製図に取り組み、松山聖陵高校の例年の傾向を覆す、好成績を残すことが出来ました。また、2年生では、技術コース全員が参加し、建築意匠部の、佐々木君や古鎌君が、1位2位を取得しました。3年生は、県知事賞を松山工業の西田君に譲ったものの、これも建築意匠部の須賀君と佐伯さんが2位3位に入賞し、表彰式後の作品紹介プレゼンテーションでは、その出来映えに関係者の皆さんの賞賛を頂きました。「粘り強く、地道に作品に取り組む」ひたむきな姿勢が、この競技設計で花開き、多くの上位入賞者を出すことに繋がったと思います。 入賞者の諸君、「入賞、本当におめでとう」「来年は更に上を目指して欲しい」 今回、残念ながら入賞を逃した諸君、「努力は、君を裏切らない」。今後も日々精進して栄冠を掴んで欲しいと思います。

 
愛媛県教育委員会教育長賞: 2年 佐々木慶三 3年 須賀康介
松山市長賞: 3年 佐伯美桜
(一社)日本建築学会四国支部愛媛支所 支所長賞: 2年 古鎌拓人 3年 門田大希
(公社)日本建築家協会四国支部 支部長賞: 1年 金平樹実 2年 長野 輝
(一社)愛媛県建設業協会 会長賞: 2年 信藤一平 3年 正岡美樹
(株)愛媛建築住宅センター 社長賞: 1年 黒田未来 2年 成行天地 3年 森田竜也
愛媛新聞社社長賞: 1年 安田昂右
南海放送社長賞: 3年 山田倫平
あいテレビ社長賞: 1年 東原晋也 2年 宗岡 優
愛媛CATV社長賞: 1年 東 大樹
建通新聞社社長賞: 1年 竹内成美
(一社)愛媛県建築士事務所協会 競技設計委員長賞: 2年 石原 翔
 

平成25年度 愛媛県高校セブンズラグビー大会初優勝


期日 平成26年2月9日(日)
会場 愛媛県運動公園球技場
結果 初優勝
1回戦 対東予  32 VS 7
2回戦 対愛光  40 VS 12
準決勝 対松山東  31 VS 5
決 勝 対松山工  27 VS 12
近年メキメキと力を付けてきたラグビー部が遂にセブンズラグビーで優勝しました。建築科2年生の大工園君は主将として、また、黒田君はフォワードの要としてこの優勝に大いに貢献しました。古豪復活の呼び声も聞かれ、花園出場を願うばかりです。
 

1㌧未満フォークリフト特別教育


日時 2月20日(木)~21日(金)
場所 コベルコ教習所
昨年度からの取り組みですが、工業科2年生希望者のみで、1㌧未満フォークリフト特別教育講習を受講することになりました。
全員で18名、建築科からは7名が参加し、2日間の講習でしたが、学科・実技・修了検定と全日程をまじめに受講し、全員合格証をいただきました。
 

第51回 卒業証書授与式

日時 平成26年3月1日(土) 午前10時00分~
場所 体育館及び建築科計画実習室
今年も建築科では、23名の生徒諸君が巣立っていきました。体育館で式終了後は、玄関の事務室前で、卒業生と保護者の皆様、そして正副担任と揃って記念撮影をしました。そして、最後のホームルームを計画実習室で行いました。各自の一言や先生方からの贈る言葉等々。今年は、佐伯美桜さんが作製された思い出のアルバムが上映され、大変盛り上がりました。また、卒業生から3年間の思い出の一言や、卒業生の保護者を代表して、門田君のお父さんや、越智君のお母さんからもお祝いの言葉と教職員へのお礼の言葉をいただきました。有り難うございました。

 

平成25年度 努力賞

1年建築科A組 金平 樹実 さん
2年建築科A組 林 拓郎 君

本校学則21条に基づき、年度末に校内賞として努力賞、皆勤賞、精勤賞、功労賞、善行賞等が発表され、三学期末終業式に表彰されます。
建築科では1年建築科A組金平樹実さん、2年建築科A組林 拓郎君が各学年部から推薦され、学年代表で表彰されました。おめでとうございます。来年度も引き続き頑張って下さい。

 

2学期

修学旅行

2年生感動の修学旅行
日程 平成25年6月30日~7日5日
行先 世界遺産白川郷/立山登山アルペンルート黒部ダム/東京ディズニーランド/東京班別自由研修・京都班別自由研修

高校生活の中で最大のイベントでもある修学旅行が1学期末に実施されました。
約一ヶ月前から、東京・京都の自由研修計画や幾度かの事前研修を行い、2年生全員参加で修学旅行に行って来ました。天候にも恵まれて感動の立山登山を実施することが出来ました。今年は東京スカイツリー見学も盛り込まれ、充実のプログラムです。思い出深い五泊六日の旅でした。2年生は高校時代の良い思い出ができました。

インテリア設計士

2級インテリア設計士 11名誕生
試験日 平成25年7月13日~14日
会 場 松山聖陵高校

第53回2級インテリア設計士の試験が夏休み前に本校建築科第二製図室で実施されました。本校建築科では、2年次からものづくりコース、技術コース、インテリアデザインコースに分かれてそれぞれの特性に合わせたコースの学習をしています。インテリアデザインコースでは、在学中に2級インテリア設計士を取得することを目標としています。今年も試験当日には、一般社会人の受験者も含めて、2日間に渡り学科試験と実技試験が行われました。インテリアに関する総合知識とインテリア設計力を問われるこの試験は1級と2級がありますが、2級の場合は合格率55~60%の厳しい試験です。受験生は3年7名、2年11名が受験し11名の皆さんが合格されました。おめでとうございます。
今後は、更に知識と技術を高めてインテリアコーディネーターや建築士の試験にチャレンジして欲しいと思います。合格証書を手にしたみんなの笑顔が、喜びを表しています。
合格者の皆さん
3年生
小松 史明 君, 森 龍眞 君, 森岡 将希 君, 渡部 太逸 君, 永井 絵理香 さん, 渡部 梨蘭 さん
2年生
重松 伊吹 君, 田村 優果 さん, 森本 佳乃 さん, 安野 佳菜子 さん, 矢野 桃花 さん 
おめでとう。

体育祭

みんな頑張った!
1年建築科A組

第53回体育祭 初のグループ対抗
日時 平成25年9月6日(金)午前9時から
場所 松山聖陵高校 第2グラウンド
                             
快晴の下、第53回体育祭が行われました。 前週から続いた長雨もようやく前々日に上がり絶好の体育祭日和になりました。本年度から、グループ対抗に分かれての体育祭となりました。①普通科情報コース ②普通科進学コース ③普通科スポーツコース ④普通科特進コース ⑤自動車工学科 ⑥機械科 ⑦建築科の7グループです。残念ながら優勝は果たすことが出来ませんでした。来年は是非優勝を目指して頑張りましょう。

建築士会講演


講演 愛媛の生んだ建築家 松村正恒・丹下健三
日時 9月28日(土)
場所 ホテル奥道後

松村先生と丹下健三はお二人とも愛媛出身です。今年は生誕100年を迎えました。建築士会主催の講演に本校インテリアコース15名、松工18名が招待されました。レベルの高い有意義な講演でした。因みに松村先生は本校建築科教員OBであり、先生の設計された教室棟も残っています。とても名誉なことですね。

校外研修

1年生の九州校外研修
日程 平成25年10月3日~4日
行先 九州・大分・熊本阿蘇地方

建築科に入学して半年が経過した1年生はそろそろ建築のデザインを意識するようになりました。クラス全員の17名が参加して、一泊二日で阿蘇梺の阿蘇ファーランドや熊本アートポリス建築郡の見学に行きました。波乃村の神楽園、kkウイング、阿蘇ファームビレッジ、小国ドーム、木魂館、沢山の建築物の見学や、夢大橋の歩行などを経験しました。それぞれの建築物や工作物はデジタルカメラや携帯電話で撮影し、今後の建築設計における外観デザインの参考にします。いつかもう一度行ってみたいですね。

柔道3位

2年建築科A組 林 拓郎 君
中予地区新人大会 90㎏級 第三位
平成25年10月20日
おめでとう。林君
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

弁論大会

弁論大会 優秀賞
日程 平成25年11月1日(木)
場所 本校体育館

開校記念日の当日、記念弁論大会が開催されました。今年は8名の弁士が日頃思うことや自らの体験を4分以上5分以内で発表しました。建築科は2年生の大工園 廉君が科を代表して「自分を変える」の演題で弁論し、総合二位の優秀賞に輝きました。校長先生からも発表の態度や表現力が大変素晴らしいとお褒めて頂きました。ちなみに、最優秀賞の発表からわずか1点差という僅差でした。

産業教育フェア

子供御輿

産業フェア愛知2013四国代表参加
日 時 平成25年11月8日(金)~10日(日)
場 所 愛知県名古屋市産業会館ウィンク愛知
 
学校創立50周年を記念して、地元久万ノ台段ノ上地区子供会へ製作・寄贈された子供御輿が愛知県で開催された産業教育フェア2013に四国代表として出品されました。全国から集まった高校生の作品・展示・発表など日頃の学習成果が一堂に会する舞台です。本校建築科の子供御輿は多くの展示物の中でも一際目を引き大変好評で、多くの見学者からお褒めの言葉を頂きました。来年は宮城県で開催されます。今から構想を練って、チャレンジしませんか。

聖陵祭

日時 平成25年11月2日(土)
場所 松山聖陵高校 第一グランド
                             
聖陵祭を一層盛り上げようと昨年のゲルニカ大作戦に引き続いて今年もビルボードパネルが描かれました。今年のテーマは、渡部校長先生・田中教頭先生・川原教頭先生の似顔絵イラストです。体育祭終了後、1,2年生全員で取り組みました。中々の出来映えです。イラストの原画は、1建A安田君が担当しました。

 
 

1学期

第53回入学式

 1年建築科A組 23名入学する!
   日時 平成25年4月9日(火) 13時~
   場所 体育館

 例年に比べてやや開花が早かった桜も満開し、清々しい春の午後、本校第53回入学式が、厳粛にそして華やかに行われました。
 校長先生の式辞、理事長の祝辞、PTA会長あいさつ、等々。最後は、3年生による入学お祝いのビデオメッセージがスクリーンに映し出されました。
 式後は、114番教室で初めてのホームルーム活動でした。提出物回収の後、建築科教員の自己紹介、正副担任による初心表明等が行われました。入学生は、男子17名、女子6名の合計23名です。真新しいブレザーに身を包み、全員、これから始まる高校生活に、大きな希望と、ほんの少しの不安を抱きながら新生活のスタートです。新入生の皆さんおめでとうございます。

第11回 高校生ものづくりコンテスト(木材加工部門)

  平成25年5月25日(土)
  愛媛県立松山工業高校 土木科1階 土質実習室

      3年 須賀 祐介君 4位
      2年 松本 隆嗣君 5位
 本年で11回を迎えた高校生ものづくりコンテストは、昨年、本校が開催会場として実施されました。
 愛媛県内の建築系学科を設置する、東予高校・松山工業高校・吉田高校・松山聖陵高校の4校から2名ずつ合計8名が参加し、毎年会場校を周りながら開催されます。
 本校からは、2年連続の須賀君と初出場の松本君が、学校推薦を受けて出場しました。
 4月中旬から毎日のように放課後、練習に練習を重ね技術を高めてました。その結果、仕上がりのタイム競技では、1位、2位を奪取しましたが、細部の評点で加点出来ず、4位5位と惜敗いたしました。来年こそ、今回の反省を教訓に優勝目指して頑張って欲しいと思います。

教育実習

教育実習 矢野元 智也先生
 元気はつらつ バレーボーイズ
日 時 平成25年6月3日~14日
 教育実習 建築構造設計  2年建築科A組
      ホーム・ルーム 2年建築科A組
 出 身 愛媛大学 工学部 環境建設工学科
      バレーボール部 (松山北)
 6月上旬から二週間教育実習の受け入れ期間でした。愛媛大学から2名、近畿大学から1名の計3名の教生が、教材研究や教材研究に頑張りました。
 建築科に実習に来られた矢野元先生は、身長183㎝のバレーボール選手でもあるスポーツタイプの先生でした。将来は当然ですが、高校教師を目指しているそうです。二週間の期間中色々と先生には楽しい授業をしていただき、ありがとうございました。
 夢の実現に向けて頑張って下さい。
 建築科の生徒・教職員一同全員で応援しています。

民家の甲子園

   第11回民家の甲子園愛媛県大会 公式ブログ→http://ameblo.jp/minkakoushien-ehime/

 
 
 

平成24年度の取組成果

内子町へ「町並み模型」を寄贈

平成25年2月24日に、「内子町八日市・護国地区町並み模型」を内子町へ寄贈しました。
これは、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されて30年を迎えた内子町からの依頼を受け、建築科生徒と教員が1年がかりで作り上げ、完成させたものです。
24日の除幕式には、地域の住民の方々も集まり、「重伝建選定30周年事業実行委員会」会長の丸山昇さんからは、「精巧さに感心し、保存運動に力を得た」と感謝の言葉を頂きました。

平成24年度 第35回愛媛県高校生製図コンクール 表彰

松山市長賞:2年 須賀康介
(社)日本建築士事務所協会連合会 会長賞:2年 小松史明
(一社)愛媛県建築士事務所協会 会長賞:2年 森田竜也
(一社)日本建築学会四国支部愛媛支所 支所長賞:
3年 池田昇太 髙田裕哉 中野健司 髙橋征慈 花本滉揮 永井ひとみ
(社)愛媛県建築士会 会長賞:2年 佐伯美桜
(社)日本建築家協会四国支部 支部長賞:2年 門田大希
(社)愛媛県建設業協会 会長賞:2年 正岡美樹
愛媛新聞社社長賞:2年 山田倫平
愛媛朝日テレビ社長賞:3年 平 直樹
建通新聞社社長賞:3年 松原朋輝
(一社)愛媛県建築士事務所協会 競技設計委員長賞:3年 滝川泰広

平成24年度 生徒研究発表会 表彰

第31回全国建築製図コンクール 結果 (http://www.geocities.jp/hn_kkk/)

  • 入選者
    課題 入選名 学年 氏名 出身中学
    課題4 銅賞 建築科2年 小松 史明 津田中
    課題3 入賞 建築科2年 須賀 康介 内宮中
    課題1 奨励賞 建築科1年 大栗 慶三
    小鎌 拓人
    郷田 早耶
    垣生中
    北中
    岡田中
    課題2 奨励賞 建築科2年 正岡 美樹
    佐伯 美桜
    門田 大希
    森田 竜也
    港南中
    勝山中
    興居島中
    津田中
    課題3 奨励賞 建築科2年 山田 倫平 余土中

2級インテリア設計士 試験結果

建築だより

文化祭 ゲルニカプロジェクト2012

  • 聖陵祭 1年建築科A組の取り組み「ゲルニカプロジェクト2012」

文化祭におけるクラス単位の取り組みとして1年建築科A組の37名が、ピカソのゲルニカ製作に取り組んだ。
大きさは、本物と同じ大きさで約3.5m×7.8mの大作である。
9月下旬から取り組二人一組でペアを組んで、ベニア板1枚を描き上げていった。
ベニア板の総枚数は18枚となった。
ホームルーム活動や総学の時間、そして放課後や休日を返上しての取り組みに、当初は今一つ盛り上がりが無かったが、作品の骨格が見え始めた頃から徐々にモチベーションも上がってきた。
作品は文化祭開催の1週間前から11月12日まで第一グランドに展示され、全校生徒や多くの関係者に好評を得た。


 
 
 
 
 

教員募集
学校見学会